お知らせ

2021/3/25

コロナ禍で需要が激減した野菜の消費拡大と食品ロスの削減に向けて
名水美人ファクトリーとビーフンでNO1のケンミン食品が業務提携

株式会社神明ホールディングスの子会社であるカット野菜メーカーの名水美人ファクトリー株式会社(大分県竹田市・代表取締役:奈良賢吾)とビーフン市場国内シェアNo.1 のケンミン食品株式会社(兵庫県神戸市・代表取締役社長:高村祐輝)は、3月25 日(木)に業務提携契約を締結し、西日本のスーパーの青果売り場専用焼ビーフンの販売を6月より開始します。
両社の西日本での知名度や商流を活かし協働で取り組むことで、コロナ禍で広がる内食需要に対応するとともに、外食需要の激減で市況低迷が続いている野菜の消費拡大に取り組みます。
野菜価格の下落によって、野菜の大量廃棄が行われるなどの食品ロスが問題視される中、野菜の消費拡大と廃棄削減に貢献します。

業務提携概要

  • 提携の名称
    「青果向け商品の販売協力に関する業務提携」
  • 提携締結日
    2021年3月25(木)
  • 提携締結の目的
    内食需要を捉える商品をスーパーの青果売場を通じてご提案することで、1年を通して野菜の消費拡大を促進し、食品ロス削減に寄与する。
  • 提携事項
    1. 2021年6月より九州エリアのスーパーの青果売り場でVEGE BE-FUN の販売開始。
    2. 2021年7月より中四国・近畿のスーパーの青果売り場でVEGE BE-FUN の販売開始。
    3. 1年を通した青果売り場での提案を行う。
  • 提携に至った背景
    従来、スーパーのグロッサリー売場で販売されている焼ビーフン(乾めん)を、青果売り場で販売することは、商慣習上難しく、名水美人ファクトリーと2社で取り組むことで、この障壁を越える新しいビジネスモデルを構築する。
  • 今後の展望/展開
    新商品やキット商品の開発も両社で検討している。
    1. 2021年秋 キット商品発売予定
    2. 2022年春 新商品発売予定
    東日本エリアでの提携先の検討に入っている。
名水美人ファクトリーとビーフンでNO1のケンミン食品が業務提携

<対象商品>

商品名: VEGE BE-FUN
カット野菜とチンする焼ビーフン
内容量: 81g(ビーフン46g、液体スープ35g)
商品形態: 常温
賞味期限: 12ヶ月
希望小売価格: 170 円(税抜)
販売エリア: 全国
カット野菜とチンする焼ビーフン カット野菜とチンする焼ビーフン
※カット野菜は入っていません。

ケンミン食品とは

1950年神戸創業のビーフンメーカー。
1960 年発売の『ケンミン焼ビーフン』はギネス世界記録™『最も長く販売されている焼ビーフンブランド』。
国内ビーフン市場の52.8%のシェアで日本一。創業者高村健民に因み、健康(健)を皆さま(民)に提供するという理念を持つ。
ビーフンの他にも、フォー、ライスパスタ、ライスペーパーなど米を原料とした加工食品を製造する専門企業である。近年、グルテンフリーがトレンドの欧米にも輸出し親しまれている。
2018 年地域未来牽引企業、2020 年ひょうごオンリーワン企業に認定。明治安田生命J1 リーグヴィッセル神戸のユニフォーム・パンツスポンサー。

ケンミン食品
https://www.kenmin.co.jp/

<補足資料>

VEGE BE-FUNの発売の背景及び理由

カット野菜市場の更なる拡大のために(図①②)

カット野菜は、購買金額(PI値)が10年間で約3倍に拡大しています。
近年ではその中でも炒め物用などの目的に合わせたカット野菜が平成30年以降に大幅な増加に転じています。
VEGE BE-FUNにより、炒め物用のカット野菜の更なる拡大を目指し、野菜の消費拡大に寄与します。

名水美人ファクトリーとビーフンでNO1のケンミン食品が業務提携

「野菜に良く合うめんランキング」No.1であるビーフンで、カット野菜市場拡大(図③)

「野菜に良く合うめんは?」というアンケート調査でビーフンは第1位を獲得しました。
ビーフンはお米からでできており野菜本来の旨味や甘みなどを吸収して美味しくなる特徴を持ち、野菜の風味を楽しめるところが、他のめん料理とは違う魅力です。
カット野菜と組み合わせることで時短にもなり、野菜の消費拡大につながります。

「野菜に良く合うめんランキング」No.1であるビーフンで、カット野菜市場拡大

野菜不足解消による野菜消費拡大(図④)

このVEGE BE-FUNは厚生労働省が推奨している野菜摂取目標量である1日350gの約22/3の200~250gを入れてちょうど良い設計にしているので、野菜不足の解消に役立ちます。
このことにより野菜使用量を増加させることが、野菜消費につながります。
(2人で食べても1日の1/3量が摂れます。)

野菜不足解消による野菜消費拡大

主要野菜の取引量と平均価格の推移(2020年1~12月)

2020年は、コロナの影響で業務用野菜の需要が激減して野菜の平均価格(赤線)が乱高下した。
特に秋~冬にかけて、豊作も重なり平均価格が下落して野菜の大量廃棄が行われた。
ビーフンの需要は年間を通して安定しており、野菜需給の平準化の一助なる。

主要野菜の取引量と平均価格の推移